忍者ブログ
2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 2017 / 07 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



前回の続きで、今度は有効戦闘人数について。

2.有効戦闘人数

ストームガストは強力なスキルで、世間一般的には決め手の一撃の代表格とされています。たしかに、優秀なダメージ倍率、射程、範囲、状態異常を持った、重い重い一撃ではあります。

ただ、今あなたが、何気なく撃っているSGがどれだけのコストを消費しているか考えた事は、ありますか?

・DEX>INTWIZ:1人
・リカバリプリ:1人
・ブラギ冠:1人
・魂リンカー:1人
・献身パラ:1人

なんと、まともに撃つだけでも共用部分を含めて最低5人も必要な、実に重コストなスキルです。果たして、これだけのリソース(人的資源)を消費して撃つ必要はあるのでしょうか?
今回はそんなところを考えてみましょう。


注意:実際に、戦闘中にこんな事を考えて立ち止まると、多分、指揮する人はものすごく困ります。なるべく戦闘時間外に考えてあげてください。


今回出てくる用語についての解説。

フィニッシャー:
相手との優劣を決定する一撃、またはそれを実行する人を指します。
エンドカード(ゲームエンドカード)と呼ばれることも。
打撃で相手を全滅させるのが一番手っ取り早いので、派手な主役と思われがちですが、
広い広い外の世界では、そんな事なかったり。

・相手の身動きを完全に止める(ハメ、カードゲームで言うとロック)
・相手のリソースを尽きさせる(EMC実装前の封鎖、カードゲームで言うとライブラリーアウト)
・強制勝利条件(ROで言うと裏EMC、抜けエンペ破壊、油LPなど)

こういう手段を実現するもの(人)も、フィニッシャーと呼ばれます。
派手じゃないけど、総じていやらしい!not はしたない


それでは、実際の運用を考えてみましょう。

まずは、昔ながらの構成で考えてみます。

・フィニッシャーのDEX>INTWIZ:2人
・ガンバン役のDEX>INTWIZ:3人

有効戦闘時間も考えて、確実に決めるためにはこれくらいの人数が欲しいところですね?
また、リカバリするプリーストも必要でしょう。

・リカバリプリ:3人
* 1人目はフィニッシャーAに対して重点リカバリ
* 2人目はガンバンAと、予備のフィニッシャーBに対して
* 3人目はガンバンBと、予備のガンバンCに対して

確実に通したい場合、どんなに削っても最低これだけは要るでしょう。
もちろん、ブラギは必須です。

・ブラギ冠:1人

魂も維持したいところですね。

・魂リンカー:2人

最後に、打たれ弱いこの構成を維持するためには、献身も欲しいところです。

・献身パラ:3人
* 1人目はフィニッシャーA重点
* 2人目はフィニッシャーBとガンバンA
* 3人目はガンバンBとガンバンCとブラギ冠

まとめると、
・フィニッシャーのDEX>INTWIZ:2人
・ガンバン役のDEX>INTWIZ:3人
・リカバリプリ:3人
・ブラギ冠:1人
・魂リンカー:2人
・献身パラ:3人

なんと、安定稼動させようとすると、14人ものリソースが必要になってしまいます。



次に、上記の構成を改造してみましょう。リストラ入りまーす。

まず、フィニッシャーの片方を、TD、CWによる奇襲性が高く、スタン耐性も100%にできる魔葱に差し替えてみます。
フィニッシャーの1人目はいわば捨て駒であり、死んでも一撃を入れる人、
フィニッシャーの2人目は予備であり、また、制圧状態を維持する役目でもあるため、
役割分担的にはこれでもこなせてしまうのです。

・フィニッシャーのDEX>INTWIZ:1人
・フィニッシャーのDEX>INT魔葱:1人
* 制圧状態の維持には連打が必要なため、AMPを必ずしも必要としません。
* カイトによる反射は後述のVITWIZのLoVによる打消しや、そもそもプラチナ盾による反射もあるため、葱魂による回復力とMAXHPがある魔葱の方が、WIZ魂より有利になる場面も多いのです。
* 上記の通り、魔葱は奇襲と制圧、どちらもこなせてしまいますが、純粋に魔葱のみだと簡単に対策されてしまうため、また、AMPも決して不要ではなく、一つの手数なため、片方のWIZは残すことにします。

ガンバン役もVITWIZなら、2人でもDEX>INTWIZ3人より高い有効戦闘時間を誇りますね。

・ガンバン役のDEX>VITWIZ:2人

結果、リカバリが必要な人間はたった1人のフィニッシャーになってしまいました。
ただし、支援が回りきらない事を考えて、他の仕事と共用のプリーストを追加で0.5人分充てます。

・リカバリプリ:1人
・共用支援プリ:0.5人

冠はそのままで。

・ブラギ冠:1人

魂役も、低INTLoVやGFがサブの仕事であるVITWIZの場合、あまり必要ありません。

・魂リンカー:1人

最後に、基本隠れた状態の魔葱や、射程が長く、近接攻撃にも撃たれ強いVITWIZになってしまったことで、献身もそこまで維持に必要ではなくなりました。

・献身パラ:2人
* 1人目はフィニッシャーA重点
* 2人目はガンバンAとガンバンBとブラギ冠
* 魔葱は穴掘って埋まってますぅ~

まとめると、
・フィニッシャーのDEX>INTWIZ:1人
・フィニッシャーのDEX>INT魔葱:1人
・ガンバン役のDEX>VITWIZ:2人
・リカバリプリ:1人
・共用支援プリ:0.5人
・ブラギ冠:1人
・魂リンカー:1人
・献身パラ:2人

こちらの構成の場合、9.5人と、およそ2/3のリソースで、同程度の仕事ができてしまいます。



これが有効戦闘人数の差であり、世間で「質の差」と言われているものの正体の一つでもあります。浮いた4.5人分のリソースは、別の脅威となって襲い掛かることでしょう。
こういう面では、質は人数に、人数は質に換算できるわけですね。

さて、今あなたは、14人ものリソースを大量消費して撃つSGに、価値を見出せますか?


「数」が力になる?そうは思わないな。 ―― ジェラード
PR